【なぜ移住するのか?】わたしが移住を決断した理由

地方移住
スポンサーリンク

プロフィールの方でも書きましたが、我が家の移住は”転職先が長野だけど、どうする?”からはじまりました。

今日はそこから”そうだ、長野に行こう!”と決断した決め手についてお話ししたいと思います。

下見へ

東御市には以前ちょこっと立ち寄っただけだったので、改めて”住むとしたらどうだろう?”という視点で下見に行ってみました。

保育園、小学校、中学校、駅周辺の環境、スーパー、公園など。

それを踏まえて、移住で良さそうなこと、不安なことをまとめました。

良さそうなこと

まずは、良さそうなこと。

  • ほどよく田舎
  • 景色も空気もよくて素敵な場所
  • 公園がのんびりしてた
  • キャンプにすぐ行けそう
  • 好きなもの、場所が集まっている

ほどよく田舎

見に行って感じたのは、移住サイトのコピー通り”ほどよく、田舎”。

東京からも割と近いし、生活に必要そうなお店もある。駅周辺なら冬以外は自転車でもどうにかなりそう!(わたしが免許なしなので、コレ重要。)
市内にないお店も、上田まで行けばありそうだし、軽井沢などの観光地が近いというのも魅力的でした。

景色も空気もよくて素敵な場所

ちょうど紅葉の季節に行ったので、浅間山がきれいに色づいていました。どこに行ってもよく見える浅間山が気持ちよかったなぁ。

とくに北側の台地の景色が忘れられない。北海道で見た景色に似ていて、住んだこともないのに懐かしさすら感じる風景でした。

公園がのんびりしてた

2か所公園に寄ってみたけど、遊具がほぼ順番待ちなし!(見に行ったのは土日でした。)都内だとブランコ乗るのも一苦労なのに、誰も並んでなくてびっくり。たまたまかもしれないけど、どちらの公園も遊具が新しかったです。

公園から見える景色も気持ちがよくて、これなら毎日連れていけるかもと思ったり。

キャンプにすぐ行けそう

キャンプ好き一家なのですが、最近のキャンプブームで都内近郊のキャンプ場の予約が取れないこととれないこと…天気良し、体調良し、スケジュール良しの3拍子揃わないといけないからなかなか難しく。

長野なら、キャンプ場もいっぱいある。無印の嬬恋キャンプ場も近いし、あこがれの駒出池、五光キャンプ場にも行けるかも?夢が広がる♡

好きなもの、場所が集まっている

東御市と言えば、オラホビールにワインにわざわざ!(わたし調べ)
オラホビールは最近好きなビールNo.1に!!! グレフル感あるビールが大好き。
わざわざは、あの山の上のパン屋さんですね。いつもお買い物は通販だったのが、実店舗に行けるというのは嬉しすぎる。

足を伸ばせば、好きなコーヒーNo.1の丸山珈琲も。苦手だったコーヒーを好きになったきっかけが、丸山珈琲でした。

大好きな場所No.1の美ヶ原、ビーナスラインも近い。ここには夫婦で何度も訪れているお気に入りの場所。運転上手になったら、ひとりでも行きたいときに行けるようになりたい。

こんな風に、わたしの好きなものNo.1が集まっている場所なのです。

不安なこと

次は、不安なこと。

  • 収入が減ること
  • 子どもたちが今のお友達とお別れになってしまう
  • 地方での人間関係、やっていけるのか?

収入が減ること

移住した場合、わたしも今の職場を辞めることになります。そうするとダブルインカムでやってきた我が家としては結構な痛手に。決断した当時には仕事の保証はなかったけれど、何かしらは働こうということになりました。

収入に関しては最後まで悩んだポイントでしたが、行ってみたいという気持ちが強かったのかなと思います。

子どもたちが今のお友達とお別れになってしまう

入園当初は保育園でうまくやっていけるだろうか?と心配していたのが嘘のように、毎日お友達と楽しそうに遊んでいるふたり。なかには、ほんとに気が合うんだなという子もいたりします。

先生たちにも懐いて、うまくやっているのに親の都合で環境を変えてしまっていいのだろうか?と悩みました。

子どもが同じくらいの年齢で転勤した友人に話を聞いてみると、子どもって適応能力すごいから大丈夫だよ!と言ってくれて少し安心しました。今はその言葉を信じてやっていこうと思っています。

地方での人間関係、やっていけるのか?

「地方移住」でググるとあるあるなのですが、候補に「失敗」のキーワードが出てきます。そしたら、見ちゃいますよね?わたしは見ちゃいました。 そうすると、人間関係でうまくいかなかった方もいらっしゃるわけで…

地方で暮らしたことがなく、この辺はわからないことへの不安が大きかったです。

やりたいことをやる!

こうやって行くの?行かないの?と迷っていた時、とあるツイートが目に留まりました。

以前から子どもたちが好きなことを掘り下げたり、好きなことに熱中できるようになるといいなぁと思っていたのですが、まずは自分たちがやりたいことをやろう!と。
自分たちが好きなことをやるんだから、子どもたちのやりたいも尊重してあげられる暮らしをしたいなと思いました。

まあ、かなりこじつけだし、結局自分のエゴではあるのですが、わたしはこのツイートをきっかけに、移住の意思が固まったのでした。そこからTwitterを始めてみたり、ブログをはじめてみたり…やりたい!と思ったことはできるだけやってみることにしています。

と書くと、固い意志で決めたようですが、決断した後もかなり迷いました…というか、ものすごい不安に襲われました。

次回は、その不安とどう向き合ったのか?について書きたいと思います。
最後まで読んでいただいてありがとうございます^^

コメント