[組織づくり・マネジメント]サイボウズ×わざわざの対談イベントに行ってきた

仕事
スポンサーリンク

サイボウズの山田理さん、わざわざの平田はる香さんの組織づくりやマネジメントについての対談イベントに行ってきました。
どちらの会社も理念や経営方針が好きなので、自分にとっては平成最後のドリームマッチ!なイベントでした(笑)

【受付終了】新しい組織づくりやマネジメントを考える──わざわざ 平田はる香×サイボウズ 山田理
イベント概要株式会社わざわざ代表・平田はる香さんと、サイボウズ副社長・山田理の対談イベント「新しい組織づくりやマネジメントを考える」を開催します!・ ・ ・今年4月に、サイボウズ副社長の山田理が本を上梓する予定です。​タイトルは『新しいマネジャーの教科書(仮)』本書ではサイボウズ人事のトップとして、サイボウズを離職率が...

いくつか心に残ったポイントをまとめておきます。

情報の開示

平田さん:わざわざでは開業当初から売上や新型の薪釜の作り方(おそらく世界初)などを公開してきている。
情報を公開しようと思ったきっかけは研究者のお兄さん。世界中に情報を開示することによって研究が加速するという考えに感銘を受けた。

山田さん:「情報を開示すると自浄作用が働く」
例えば、意思決定のプロセスや会議の内容を公開すると参加者に対する突込みが入る。それによって参加者も本気で参加する。
また、予算もいったん積み上げて赤字の状態で公開すると、各自が自主的に減らす。多少赤字のまま進めても、各自が工夫して進めるので結果赤字にはならない。
情報を公開することで、悪いことをするのが難しくなるというメリットもある。

この辺りはソフトウェア開発のオープンソースの考えに似ているところがあって好き。
山田さんがおっしゃっていた自浄作用が働くというのはなるほどと思った。自浄作用が働くと誰でも意見を言いやすくなるし、これって心理的安全性にも繋がりそう。

組織を作るうえで一番大事なことは?

平田さん:「(会社に行くのが)嫌じゃない
過去に実は好きじゃない内容の仕事をしているスタッフがいて、当人がやりたい仕事に変更したら効率がものすごい上がったことがある。
その人の特性を活かしてあげること。

山田さん:「できること」
他人との相対的な「できる」ではなく、自分の中での「できる」を増やしてレベルを上げていく。
商売は「できること」とそれを「欲しい人」で成り立つ。
そこに「やりたいこと」を掛け合わせていけたらいい。

この「できること」の話は平田さんがお店を始めた経緯にも似ているなと思った。

平田さん:やりたいことではなく「やれること」をひたすら書き出していった。
そこから絞り込んだときに「パン」と「レストラン」が残って、生活スタイルに合っていたのが「パン」だった。

「嫌じゃない」と「できること」って、何かを始めるときに大事な視点なのかも。
「やりたいことをしよう!」って言われると、やりたいことってなんだろう…から抜け出せなくなるけど、自分にできることって何だろう?その中で、嫌じゃないことって何だろう?って考えていくと、自分の働きかたも定まるような気がする。

マネージャーに大事なこと

平田さん:「とりあえずバカ」(無知の知)
いばらない、いばらない、いばらない。
感謝の気持ち。
下から、下から、下からいくこと 。

山田さん:「あやまれること」
意思決定をして、それに責任を持つ。
世の中社⻑よりもマネージャーの方が数が多いのだから誰にでもできるはず。
「決めること」「あやまること」の2つさえできればOKとするとハードルが下がる。

ついていきたい上司ってどんな人?って考えるとどちらの意見も当てはまるから納得。
マネージャーって難しそうだなって思ってたけど、「決めること」「あやまること」ができればOKといわれると心理的負担がものすごい減るし、確かにそれができる人は信頼できる。

同じようなスキル(もしくは同じような苦手スキル)を持つ人ばかりが集まった場合、どうしたら?

平田さん:「人は⻭車」
それぞれがうまくかみ合うところを探してあげるとうまくまわる。
人が少なかったり、必要なスキルをたくさん持っているけど1人しかいないという場合は、その人の時間を分割して兼業してもらうという方法もある。

人は⻭車っていい言葉だなって思った。これって、いろんな人がいて、みんないろんな凸凹を持っててよくて、うまく組合せさえできればみんな活躍できるってことなのかなと。
「組織を作るうえで大事なこと」でおっしゃっていた「その人の特性を活かす」もこういうことなんだろうな。

と、こんな感じで共感や気づきがたくさんの2時間でした。
サイボウズ×わざわざの貴重なコラボ、聴きに行けてよかった!
素敵な企画をありがとうございました。

仕事
フォローする
スポンサーリンク
地方移住したエンジニアかあさんの暮らし

コメント